熊本信用金庫 金融機関コード:1951

  

総代会制度

1.総代会制度について

about_20180802_04.png

 総代会は、会員1人1人の意見を適正に反映するための開かれた制度です。

 信用金庫は、会員同士の「相互信頼」と「互恵」の精神を基本理念に、会員一人ひとりの意見を最大の価値とする協同組織金融機関です。したがって、会員は出資口数に関係なく、1人1票の議決権を持ち、総会を通じて当金庫の経営に参加することとなります。しかし、当金庫では、会員数がたいへん多く、総会の開催は事実上不可能です。そこで、会員の総意を適正に反映し、充実した審議を確保するため、総会に代えて総代会制度を採用しております。

 この総代会は、決算、取扱業務の決定、理事・監事の選任等の重要事項を決議する最高意思決定機関です。したがって、総会と同様に、会員一人ひとりの意見が当金庫の経営に反映されるよう、会員の中から適正な手続により選任された総代により運営されます。

 また、当金庫では、総代会に限定することなく、日常の事業活動を通じて総代や会員とのコミュニケーションを大切にしており、さまざまな経営改善に取組んでおります。

2.総代とその選任方法

(1)総代の任期・定数
  • 総代の任期は3年です。
  • 総代の定数は60人以上80人以下で、会員数に応じて各選任区域ごとに定められております。
    なお、平成30年3月31日現在の会員数は 15,943人です。
(2)総代の選任方法

 総代は、会員の代表として、会員の総意を当金庫の経営に反映する重要な役割を担っております。そこで総代の選考は、総代候補者選考基準(注)に基づき、次ページ図解のとおりの手続きを経て選任されます。

(注)総代候補者選考基準

①資格要件
・当金庫の会員であること

②適格要件 ・総代として相応しい見識を有している方
・良識を持って正しい判断ができる方
・人格、見識に優れ、金庫の理念・使命を十分理解している方
・その他総代選考委員が適格と認めた方

<総代が選任されるまでの手続について>

about_20180802_05.png

3.総代会の決議事項

開催日 平成30年6月26日
第67回通常総代会において、次の事項が付議され、それぞれ原案のとおり了承されました。

①報告事項

第86期(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)「業務報告」「貸借対照表」「損益計算書」報告の件

②決議事項

第一号議案 第86期「剰余金処分案」承認の件
第二号議案 「会員」除名の件
第三号議案 「定款」一部変更の件
第四号議案 「総代候補者選考委員」選任の件

4.総代の氏名等

1区白川以北
池田 栄二② 岩山 頂④ 上村 日出男① 内田 勝也④
江﨑 隆範③ 大堂 正人① 鬼塚 龍彦③ 川口 良彦①
城門 維文⑩ 後藤 英夫③ 島田 洋一⑧ 髙瀨 美子②
竹内 博② 堤 優二④ 豊永 哲人⑤ 永野 昭一⑥
中村 吉宏⑧ 中山 泰男② 西浦 栄一① 花城 強③
林 裕之④ 東 龍三郎⑥ 平島 孝典⑥ 平山 忠幸⑦
松島 昭治① 水野 和敏⑥ 村上 泰典④ 森 泰司⑨
森田 三千秋③ 米田 十九三③ 和田 徹志④
2区白川以南
石坂 孝光④ 石坂 敏明④ 井上 良一⑤ 太田 力夫⑩
岡部 芳告② 甲斐 光也④ 甲斐 美由紀⑥ 片山 啓司②
加藤 義人① 國元 務④ 古賀 靖章① 笹原 博次⑥
志垣 浩一① 高田 俊宗⑤ 武田 昭夫④ 多田 和弘①
徳永 國浩③ 冨田 徹也① 沼川 一彦③ 平野 邦彦⑩
廣野 鉄雄⑥ 福島 雄二③ 福山 龍太郎③ 松尾 孝③
松山 義英⑥ 室中 照美③ 室原 牧夫⑥ 横溝 康秀⑦
吉田 強⑤ 吉村 敏④ 鷲山 法雲⑫ 渡邉 健④

(50音順)

※ 氏名の後の数字は総代への就任回数
(個人情報保護の観点から、お名前の掲載につきましては皆様のご承諾をいただいております。)

5.総代構成比

業種別製造業建設業卸小売業サービス業不動産業その他
4人 18人 9人 18人 7人 7人 63人
年代別30代40代50代60代70代80代
0人 3人 15人 24人 21人 0人 63人
就任回数1期目2期目3期目4期目5期目6期目以上
10人 6人 12人 13人 4人 18人 63人

以上