ギャラリー情報(2007年)

2002年2003年2004年2005年2006年2007年2008年

 “くましん”本店隣りの住宅・個人ローン相談センター2階展示場のギャラリー情報です。
作品の展示も、会場のレイアウトも、すべてご自分たちで行っていただく手づくりのギャラリーです。
 これまでもアイデアいっぱいの楽しい展示が開催され、各展示期間中、多くのお客さまでにぎわいました。

 なお、展示希望の方(個人、グループ、団体)は、住宅・個人ローンセンターへお問合せ下さい。

住宅・個人ローンセンターの営業時間
         平 日/午前9:00〜午後7:00
         土 日/午前9:00〜午後5:00
         店休日/祝日     駐車場有り

      〒860‐0808 熊本市手取本町2番2号
               TEL 096‐359‐8787


熊本美装くみ紐総合作品展

平成19年12月4日(火)〜12月10日(月)

そういえば組紐展ももう5回目を数える。
和服姿の女性を見かけると、つい帯止めに目がいく。
一年にたった一週間ほどのお付き合いでも、こうして確実になにかしら心に余韻を残してくれる。   
初めはただ感嘆だった。綺麗、繊細、日本の伝統、雅・・まず作品があった。けれど5年経った今は少し違う。
今年のどの展示会も表現者としての“ひと”に魅かれた。
すれ違いざまの会釈やほんの短い会話から、その作品に血流が廻るような命を感じることがあるのだ。
組紐の歴史と作り手の想いが放つ確かな鼓動。
大切なものほど目には映らない。
忘れがちなそのことを来年もきっと教えてほしい。

展示内容 : 組紐の帯締め・帯留め・飾り紐・携帯ストラップ・アクセサリーなど

主催    : NHK文化センター

写真:熊本美装くみ紐総合作品展01写真:熊本美装くみ紐総合作品展02写真:熊本美装くみ紐総合作品展03
写真:熊本美装くみ紐総合作品展04写真:熊本美装くみ紐総合作品展05写真:熊本美装くみ紐総合作品展06
写真:熊本美装くみ紐総合作品展07写真:熊本美装くみ紐総合作品展08写真:熊本美装くみ紐総合作品展09

(上のサムネイルをクリックすると拡大されたイメージを見ることが出来ます)


↑上へ

JOS−OB 作品展

平成19年11月26(月)〜12月2日(日)

毎年、妙に心惹かれる作品がある。
  「自画像」と銘打たれた、その年の一大イベントの中の‘自分’を絵にしたものだ。
一昨年は満開の花に囲まれた旅行中のご夫婦の笑顔。
昨年はご子息の結婚式でのやや緊張気味のモーニング姿。
そして今年は待望の初孫を胸に抱いた愛おしげな眼差し。
その初孫の弾けるような円いほっぺの曲線を何度絵筆で奏でたことだろう。
写真では飽き足らず自らの絵に託すことで、その折々の感動の大きさを窺い知る。
難しい理屈は何もない。人生も芸術も素直に楽しむに限る。
今年もJOSに心からの敬意を表して・・・乾杯。

展示内容 : 絵画・写真・書道・陶芸・彫刻・はがき絵・木彫り
         手書き友禅・版画・短歌・・・

写真:JOS-OB作品展01写真:JOS-OB作品展02写真:JOS-OB作品展03
写真:JOS-OB作品展04写真:JOS-OB作品展05写真:JOS-OB作品展06
写真:JOS-OB作品展07写真:JOS-OB作品展08写真:JOS-OB作品展09

(上のサムネイルをクリックすると拡大されたイメージを見ることが出来ます)


↑上へ

グループK作品展示会

平成19年11月12日(月)〜11月18日(日)

今回、当ギャラリーに初お目見えしたグループKの作品展。
広い会場に慎ましやかに飾られた、深みのある絵の数々。
水彩・油彩・木炭画と、たくさんの出展を予想していたがその数は決して多くない、いやむしろ控えめと言っていい。
少量でありながら極上のデザートという感か・・。
 優れたデッサンとは模写ではないのだろう。
その要素には着眼点があり、それをどれだけ表現力を持ち紙上に保存できるかが力量の全てなのかもしれない。
 同じ静物を描いた作品が大胆にも3枚並べてあった。
けれど同じ絵には見えない。それぞれの作者の意識の違いだ。
観る側にもそれなりの感受性を要求するということか?
なるほど、芸術の秋はますます面白くなってくる。

展示内容 : 水彩画・油彩画・木炭画など

主催    : グループK

写真:グループK作品展示会01写真:グループK作品展示会02写真:グループK作品展示会03
写真:グループK作品展示会04写真:グループK作品展示会05写真:グループK作品展示会06
写真:グループK作品展示会07写真:グループK作品展示会08写真:グループK作品展示会09

(上のサムネイルをクリックすると拡大されたイメージを見ることが出来ます)


↑上へ

第11回 「肥後彫美会」 木彫作品展示会

平成19年10月27日(土)〜11月2日(金)

会場は秋の日差しが柔らかに射し込んでいて、木肌のあたたかさを更に際立たせていた。
朴木や銀杏・・作品となることを選ばれた木々のほのかに残る年輪は、誇らしげにも見えてしまう。
誠実に年月を重ねてきたものに対する、誠実な手仕事と愛おしむ心。
その思いが「かけがえのない作品」という命を生み出すのだろう。
無心になれる時間を持てることは、人生において幸福だ。 仲間と共有できればさらにいい。
100点あまりの作品たちから、そうメッセージを受け取った。

展示内容 : 動植物、人形、仏像、風景など

主催     : 肥後彫美会  主宰  福田信義

写真:第11回 「肥後彫美会」 木彫作品展示会01写真:第11回 「肥後彫美会」 木彫作品展示会02写真:第11回 「肥後彫美会」 木彫作品展示会03
写真:第11回 「肥後彫美会」 木彫作品展示会04写真:第11回 「肥後彫美会」 木彫作品展示会05写真:第11回 「肥後彫美会」 木彫作品展示会06

(上のサムネイルをクリックすると拡大されたイメージを見ることが出来ます)


↑上へ

>>ホームへ戻る


Copyright 2005 The Kumamoto Shinkin Bank. All rights reserved.