ギャラリー情報(2004年)

2002年2003年2004年2005年2006年2007年2008年

 “くましん”本店隣りの住宅・個人ローン相談センター2階展示場のギャラリー情報です。
作品の展示も、会場のレイアウトも、すべてご自分たちで行っていただく手づくりのギャラリーです。
 これまでもアイデアいっぱいの楽しい展示が開催され、各展示期間中、多くのお客さまでにぎわいました。

 なお、展示希望の方(個人、グループ、団体)は、住宅・個人ローンセンターへお問合せ下さい。

住宅・個人ローンセンターの営業時間
         平 日/午前9:00〜午後7:00
         土 日/午前9:00〜午後5:00
         店休日/祝日     駐車場有り

      〒860‐0808 熊本市手取本町2番2号
               TEL 096‐359‐8787

↑上へ
湖東カレッジ情報建築専門学校−デザイン学科
 2003年度 卒業制作展ART COLLECTIONS 2004

平成16年2月27日〜3月2日

今年3月に同校を卒業するデザイン学科の11人の学生が、卒業記念として制作した作品展で、若さ溢れるエネルギーとデザインへの情熱が見る側に伝わってくる力作の数々。
各自が表現したいテーマを決め、構成・制作・完成まで4ヶ月を要したという。
細かい模様が美しい皮工芸やダイナミックな色彩のアートグラフィック、流れるような動画と優しい色調のアニメ、20歳の女性らしい感性で大人も楽しめる絵本など、2年間で彼らが学んだ集大成と呼ぶに相応しい自信作の展示内容となった。

     
     
     

↑上へ
ブルーアース21
 水中写真展

平成16年5月25日〜5月31日

海底からのガスなのか、ダイバー達の呼吸なのか・・海中に漂う無数の気泡に、そこでは決して降ることはない静かな雨を思い描く。青という色に、様々なヴァリエーションがあることは誰もが知っているが、この神秘の世界においてはその形容詞が無限・・という言葉になることに気づかされる。人間はもとより、光さえも拒絶する沈黙の青い世界はただひたすらに美しい。
海への想いと憧憬が、見る側に強く伝わってくる50点あまりの作品が来店者すべての眼を魅了していた。

     
     
     

↑上へ
'04 グループ香(こう) 書作展

平成16年11月8日(月)〜11月15日(月)

後援:
熊本日日新聞社・熊本県書道連盟・書道香瓔会

全国の書道会、香瓔会の一員であり師範でもある川本陽子氏率いる熊本書道グループの作品展示会。
源氏物語や最近人気の詩人金子みすずの詩など、美しいかな文字で綴られた作品の数々で、訪れた方々の目を楽しませていた。後援会の大きさも手伝ってか訪問動員数は400人近くとなり、閉館まぎわまで人が途絶えることはなく書道に関する人々の関心の高さを覗わせた。

 
 
 
 
 
 
 

↑上へ
熊本美装くみ紐総合作品展

平成16年11月24(水)〜11月29日(月)

主催:NHK文化センター

京都くみ紐創作協会の一員である中西明美氏が熊本で講師を務める4つの教室の合同作品展示会。
くみ紐は8〜30個くらいまでのコマを操り様々な模様を織り成してゆくもので、コマの個数が増えるほど、また糸が細くなるほど難易度が高くなる。
コマと糸の組合せによりその色彩と模様は無限の可能性を秘め、それがそのまま作り手のセンスと個性となって表現される。
色彩の豊さに加え、くみ紐と刺繍の組合せや小野小町の百人一首の句をくみ紐に織り込ませたもの等、その細やかで高度な技術にも驚かされる。                       
くみ紐歴1年〜25年ほどというメンバーだが、それぞれが持つ色彩感覚や憧憬が醸し出す作品の数々は、あらためて日本特有な雅びな世界というものを垣間見せてくれるものばかりであった。

   
     
   

↑上へ
第3回 JOS−OB展

平成16年12月4(土)〜12月11日(土)

旧NTT長崎無線電報局の在熊OB22名による作品展示会。
かつて同じ理念をもって仕事に従事していたメンバーが今はそれぞれが思い描くまま、様々な趣味の分野でその才能を発揮した大作の数々に、第二の人生の充実ぶりがうかがえる。
作品のほとんどが身近な場所や具材をテーマにしたもので、この地に住むものならではの細やかな目でとらえた情緒ある作風に魅了される。
月に1度進捗状態の確認も兼ねて集まっているが、実はその後の宴会こそが何よりのお楽しみということらしい。
いい仲間とおいしいお酒、その稀有な時間こそが個々の作品にさらなる彩りを加え輝きを増しているにちがいない。
「これからも作品を通して自分を表現しつづける」という生涯現役…のメンバーたちに心からのエールを贈りたくなる、そんなほのぼのとした展示会であった。

 
 
 
 
     
↑上へ

>>ホームへ戻る


Copyright 2004 The Kumamoto Shinkin Bank. All rights reserved.